三塁ランナー

三塁ランナーの役割「ギャンブルスタートで貴重な1点を狙う!」

三塁ランナーに求められる役割とは何でしょうか?

それはヒットでなくてもホームへ生還して得点につなげる事になります。

三塁ランナーのリードは一塁ランナーと類似しています。

リードオフの幅は「3歩程度」の「横に手を広げた幅から + 2歩分」になります。

注意点としては、牽制かホームへの投球か分かりにくい「右のサイドスロー投手の牽制」です。

サイドスローでは一般的な右投手と違い、ホームへの投球も牽制の場合でも「右ひじが横から出てきます」

通常のオーバースローの投手では ・・・

  • ホームへ投げる場合には、右ひじが横へ移動
  • 牽制の場合には肘を下へ引いてから正面のサードへ牽制

という動作になります。

三塁ランナーは牽制死だけは絶対に避けたいです。


三塁ランナーのギャンブルスタート

どうしても1点が欲しい場面では、時としてギャンブルスタートが要求されます。

打球の状況判断をしてからではスタートが遅くなったり、得点につながらない事もあります。

ですので、ピッチャーゴロ以外はスタートを切るのがギャンブルスタートになります。

チームとしてギャンブルスタートで1点を奪取するというサインがあれば、もちろん打者に求められるのはゴロを打つことになります。

ギャンブルスタートのサインがあれば、約束事はチーム内で決まっているかと思います。

通常の三塁ランナーは、投手からの牽制タッチを遅らせるために、ややファウルグランド側へ寄ったリードをします。

ギャンブルスタートでは、最短でホームへ走れる様に「三塁線上でリード」をとる様にします。


ギャンブルスタートのゴロの判断

ボールがバットに当たる瞬間にバットの下で捉えていればゴロになりますが、見にくかったり判断がしにくいです。

ですので、ヘルメットのツバで打者のバット辺りを見て、打った瞬間に視界にボールが入ったらゴロと判断してGO!します。

もちろんGOしても、もしゴロでなくライナーやフライならば戻ります。



関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  2. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  3. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  4. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」
  5. 甲子園に出場する方法
    甲子園に出場する方法「人生最高の思い出や折れない気持ちの育成」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン