野球ショート

ショート守備の上達ポイントや練習方法「曲線的な動きとバックハンドと多彩なスローイング」

野球のショートに求められる技術や上達練習方法

ショートは内野手の中で一番打球処理の機会が多いポジションになります。

必然的に守備範囲も広くなりますので、ショートの求められる技術として ・・・

  • 回り込む動き(曲線的な動き)
  • 細かいステップ
  • 素早い動作
  • バックハンド(逆シングル)
  • 多彩なスローイング
  • 強い肩
  • 二遊間の連携

など、求められることが多いです。

特に現在ではバックハンド(逆シングル)が使えないとショートとして任せてもらえません。

チームの中では一番運動神経が求められるポジションだと言っても良いかと思います。

まさに、守備の花形のポジションなんですね。


ショートに求められる多彩なスローイング

ショートは動きながら投げることが多いです。

  • 深い位置からはしっかりと強く速いボールを投げられる様にオーバースロー
  • 定位置からのスローイング
  • ダブルプレー(ゲッツー)を取るためのスナップスロー
  • 動きながらのジャンピングスロー
  • 素早いランニングスロー

など色々なモーションを身に付ける必要もあります。

内野手の中で一番動きながら捕球する事が多いポジションになります。

また、各ポジションに共通しますが、当然ショートも状況・配球・打者でポジショニングを調整する必要があります。

ポイントとしては、右打者へのアウトコースの変化球です。

外角だからと言って単純に二遊間寄りに守ってしまいがちになります。

しかし、意外に引っかけた打球が多く三遊間に転がるケースも多いです。


ショート守備の打球傾向

それでは、ショート守備ではどの様な打球が飛んで来る事が多いのでしょうか?

これからのデータは第95回甲子園でのデータになります。

ショートへの打球方向

  • 正面への打球 68%
  • 右側(サード方向)への打球 19%
  • 左側(セカンドベース方向)への打球 13%

捕球体勢

  • 両手でのキャッチ 56%
  • シングルでのキャッチ 44%

ゴロへの対応

  • 前進しての捕球 40%
  • 打球を待っての捕球 60%

というデータが出ています。

ショートは内野手の中で一番守備範囲が広く、動きながら捕球するためにバックハンド(逆シングル)を使う機会も一番多いです。


☑ プロの現役No.1ショートは誰だ!?

野球のショート守備を最短で上達して、プロの守備練習方法を知りたい場合には「川﨑宗則監修の実践守備マスタープロジェクト」という野球守備のDVDがあります。

もちろん、子どもの指導やチーム内での守備指導・セカンド・サード・ショート・内野守備の基本も指導できる様になるDVDになりますよ。

ショート守備の上達や練習方法は、メジャーでも活躍するプロに教わるのが一番の近道なんですね。


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  2. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  3. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  4. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」
  5. 甲子園に出場する方法
    甲子園に出場する方法「人生最高の思い出や折れない気持ちの育成」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン