野球ランダウンプレー

ランダウンプレーの基本とポイントとランナーの占有権

野球のランダウンプレー(狭撃/きょうげき・狭殺/きょうさつ)の説明になります。

ランダウンプレーとは、塁間でランナーを挟んでアウトにするプレーになります。

今回は分かりやすく、また多いケースになる「三塁とホーム間」でのランダウンプレーを説明します。


ランダウンプレーの基本

ランダウンプレーの基本は以下の通りになります。

☑ 前の塁の方へランナーを追いこむ

☑ ボールを持っている野手はランナーとかぶらない様に少し横にずれる

☑ 肘を上げてボールを味方野手に見せる

☑ 深追いはせずに送球回数は少なくする

☑ 左回りを原則にして回る様にする

☑ ボールを投げたらその塁へカバーに入る

などの点が挙げられます。
ランダウンプレー始です。

ピッチャーとファーストはホームカバーへ入ります。

ショートはサードへカバーに入ります。

レフトは暴投のカバーリングに入ります。

この時に、左回りに回る理由は ・・・

  1. ランナーと交錯しない
  2. ランナーにボールが当たらない様にする
  3. 味方野手にボールが分かる様にする

という理由があります。

また、上記の説明通りにボールを挙げて追いかけないと、ボールを受ける側は「ボールの出所が見えにくい」からです。

例えば、キャッチャーがサードへボールを投げれば、そのままキャッチャーは追いかけた三塁ベースへカバーに入ります。

そしてホームへは次にカバーに入っていたピッチャーが入ります。

サードがキャッチャーにボールを投げれば、そのまま追いかけたホームベースへカバーに入ります。

そして三塁カバーは次に控えていたショートがカバーに入ります。

この左回りの繰り返しでランナーを追い詰めていきます。


ランダウンプレーのポイント

ランダウンプレーの難しいところは「走りながら投げる」という不慣れなプレーになる点です。

ボールを挙げながら(肘を挙げながら)下半身の力はあまり使わずに、肘先を支点にしてボールを投げる様にします。

スナップスローではなく、感覚的には「ダーツを投げる」感じになります。

また、ボールを持って追いかける野手は、ボールを受ける野手でなく「ランナー」をしっかりと見で足でアウトを取るのが理想です。

ボールを持つ選手はランナーに投げるぞ!というフェイントは必要ありません。

フェイントをかけるとボールを受ける選手まで戸惑います。

☑ グラブでタッチに行く場合 ⇒ 落球の確率が低くなるが、複数のランナーがいる場合には次の送球が遅れる事もある

☑ ボールでタッチに行く場合 ⇒ スムーズに次の送球へ移れるが、落球する可能性がある

という事が挙げられます。


ランダウンプレーの注意点

☑ もし、同じ塁にランナーが2人触れている場合には?

動画を見ての通りに、サードランナーが三塁とホームの間で挟まれて、キャッチャーからランダウンプレーが始まりました。

その間にセカンドランナーはサードへ到着しました。

次に、サードランナーが三塁に戻り、三塁ランナーには2名の走者が存在する事になりました。

そして、2人のランナーにベース上でタッチをしました。

こういった状況でどちらのランナーの占有権(優先権)があるかと言えば、元々いたランナーになります。

ですので、このケースでは元々いた三塁ランナーがセーフになる状況です。

この時点でセカンドランナーはアウトです。

サードランナーは自分がアウトになったと勘違いしてベンチへ引き返しますが、途中でセーフだと気付きそのままホームへ駈け出して1点が入った場面です。

通常ならば、これで何も問題ない1点だったのですが、サードランナーが離れた時に三塁手がランナーにタッチをしています。

これで、サードランナーはアウトのはずでしたが、審判がこのタッチを見逃して「誤審」になっているんですね。

ランダウンプレーでは、同じ塁にランナーが2人になれば元々いたランナーにタッチをします。


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  2. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  3. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  4. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」
  5. 甲子園に出場する方法
    甲子園に出場する方法「人生最高の思い出や折れない気持ちの育成」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン