レフト守備

レフト守備の技術向上のポイントと練習方法「捕球能力を高めよう」

レフトに求められるのは高い捕球能力です。

レフト守備で求められる技術や練習方法とはどの様なものでしょうか?

それを理解するには、まずはレフトへ飛んで来る打球の性質を知っておきましょう。

レフトへのフライは大きく3通りあります。

  1. 右打者のバットを振り抜いた速い打球やライナー性の当たり
  2. 左打者の打球に回転がかかって切れていく当たり
  3. 回転がかかっていなくて落ちる様な打球

という特徴があります。

1の速い打球への対応は、初動を早くして最短で打球へ追いつく技術が求められます。

2の打球では、ボールの性質を頭に入れてファールゾーンへ切れていきやすいことを念頭に置いて意識してボールを追いかけます。

3の打球はライナー性の打球に多いです。


レフト守備のフライを捕るポイント

外野手の共通することなのですが ・・・

  1. 打球の方向や落下地点を素早く判断します
  2. 身体を回転させながら足を交差させて初動を早くします
  3. 打球は頭の上で捕球します
  4. 捕球後には素早く送球動作に入ります

ポイントとして、打球を追いかける際には前傾で追いかけます。

また、長打のクッションボールに対応する練習もすれば、どんな当たりでこうフェンスに当たればどこへ跳ね返るというのが分かってくる様になります。

外野手として、ゲーム中に肩の強さをアピールすることにより、レフトへのやや浅目の犠牲フライでは相手の三塁コーチャーがタッチアアップを躊躇する場面も出て来るでしょう。

一流の外野手の条件として、打球の判断能力・初動の早さ・足の速さ・肩の強さが挙げられます。

慣れてきたら「目切り背走」でボールを追う技術も磨いていきましょう。

より速く遠くの打球への対応が出来る様になります。

目切り背走は、打球の判断をして途中でボールから目を離して打球の落下地点へ素早く入ることです。

目切り背走では、打球の質・角度・高さなどを瞬時に判断する必要がありますので、普段から色々な打球での練習で感覚が身についてきます。

また、最近では「ユーティリティプレイヤー」が重宝されています。

1人でいくつかのポジションをこなせる選手のことです。

外野だけでなく、内野の守備も上達してなるべく試合に出たい!

そんな場合には川﨑宗則が教えてくれる実践守備マスタープログラムDVDをチェックしてみて下さいね。

特にレフトは内野手と兼任する選手も増えて来ていますからね。


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  2. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  3. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  4. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」
  5. 甲子園に出場する方法
    甲子園に出場する方法「人生最高の思い出や折れない気持ちの育成」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン