リード

ランナーのリード「一次・二次やワンウェイ・ツーウェイの違い」

打者が出塁してランナーになれば、ランナーはリードを取る必要があります。

それでは、このリードとはどうやってすれば良いのでしょうか?

盗塁はしないよ!ってタイプではリードが疎かになりがちですが、実はリードにはいくつかの種類や役割があります。


リードでピッチャーを揺さぶる

リードは次の塁に速く到達するためだけでなく、ピッチャー(バッテリー)を揺さぶる役割があります。

  • ピッチャーの好きなリズムで投げさせない
  • 注意を引きつけてバッターに集中させない
  • 走るそぶりを見せてストレート中心の組み立てにさせてバッターに的を絞らせる
  • ピッチングのリズムを崩し守備にプレッシャーをかける

など、ピッチャーの調子を乱す事が可能になります。

プロ野球などを観ていても、外人投手で神経質なタイプはかなりランナーを嫌がって牽制を何度もしますよね。

ちょっとした事がきっかけでピッチャーは崩れる事もあります。

せっかくランナーに出たのならば、ピッチャーに気持ち良く投げさせない様にしたいものです。


一次リードのワンウェイリードとツーウェイリード

リードには一次リードと二次リードがあります。

一次リードには「ワンウェイリードとツーウェイリード」の2種類があります。

☑ ワンウェイリードとは?

牽制されたらすぐに帰塁できるリードです。

メリットとしては、すぐに戻る意識が強いリードのために大きめのリードを取って投手を揺さぶれます。

ツーウェイリードとは?

次の塁を狙うリードと戻るリードを兼ねたリードになります。

ワンウェイリードとの違いは、積極的に次の塁を狙う気持ちとリード幅になります。

ツーウェイリードの方が50cm~1m程リード幅が小さくなります。

リード幅が大きくないために盗塁の警戒を緩める事が出来ます。

ただ例外もあり、盗塁のスタートが遅くなる事をカバーするために、ツーウェイリードでもワンウェイ幅でリードをする選手もいます。


二次リードとは?

二次リードとは、ピッチャーがホームへ投げてからさらにリードオフをする事です。

この動作により、打者が打った際に次の塁へ速く到達する事ができます。

基本的な二次リードは「シャッフル」になります。

シャッフルとは、足を交差せずに次の塁の方へ横に軽くジャンプすることです。

人間は静止状態から動き出すよりも「動 ⇒ 動」の方が出だしが速くなるために二次リードを行います。

相手に、よりプレッシャーをかける場合には「通常の走り出す様な二次リード」もあります。

ただし気を付けたいのは、二次リードでベースから離れ過ぎると、今度はキャッチャーから牽制球が来ます。


隠し球(かくしだま)には注意

昔の野球ではたまに見られた「隠し球」ですね(笑)

特にプロ野球で隠し球があれば、草野球でも流行っていた様に感じます(笑)

隠し球とはピッチャーがボールを持っている様に見せかけて、実は野手がボールを持っていてランナーがベースを離れた時にタッチアウトにするというプレーです。

プロ野球でも高校野球でも禁止はされていないプレーですが、プロ野球では2009年が最後、甲子園では1979年が最後の公式記録になっています。

現在の甲子園で隠し球があれば賛否両論の嵐が吹き荒れますね ・・・

特に高校野球は教育の一環とされていますからね(表面上は)

また、高校生らしい正々堂々としたハツラツプレーにも沿わないですからね ・・・

良し悪しは置いておいて、個人的には甲子園で見たいプレーです(笑)


隠し球特集動画

黒バラ(中居くん)チームvsジャイアンツの隠し球失敗は面白いですよ ^^ /




関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. バッティングフォーム
    バッティングフォームの基本から応用まで!
  2. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  3. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  4. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  5. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン