野球守備

野球守備の基本的な練習「初心者はボールに慣れること」

今回の野球守備の内容は「初心者編」の練習方法になります。

野球を始めたばかりの頃には、ボールに慣れること、ボールの感覚を覚えることが大事です。

今回ご紹介する練習方法では、柔らかいトレーニング用のボール・ソフトテニスボール・ゴムボール(カラーボール)などで行うと安全に練習ができます。


野球守備の基本練習(素手編)

ボールをよける練習

練習する選手は足を動かさずに「上半身だけ」で飛んで来たボールをよけます。

パートナーは近くの距離で下から遅いスピードで胸付近にボールを投げます。

慣れてきたら、顔にボールを投げて「手で払う」練習をします。

この練習の目的は「しっかりと最後までボールを見る」習慣とボールへの恐怖心を持たない様にすることです。


 帽子でボールをキャッチ

お互いが山なりにボールを投げて帽子でボールを捕ります。

いきなり外野フライのノックを受けるのでなく、まずはこの練習をしてみましょう。

空間把握能力を高める練習になります。


 ゴロを素手でキャッチ

はじめからグラブで練習するとグラブに頼りがちになります。

グラブはあくまでも手の延長と考えて手でボールを捕る感覚が養えます。

近くからワンバウンドでゴロを投げてもらい、キャッチはグラブを付ける方の手を下にして、もう一方の手でフタをする様に捕球します。


 フライを素手でキャッチ

ゴロと同様の練習で、今度はフライになります。

近い距離で下からボールを投げる様にします。

ボールをしっかりと見ておでこの上で捕る様にします。


野球守備の基本練習(グラブ編)

今度はグラブを付けての練習になります。

ひざを付いてのキャッチボール

最初は両膝を付いてキャッチボールをします。

次は片膝(右利きなら右足を付ける)を付いてキャッチボールをします。

ポイントは投げる時にヒジが肩よりも下がらない様に投げることです。

この練習では、ボールを投げる送球フォームを身に付ける練習になります。

いきなり上半身と下半身を使うキャッチボールよりも、送球フォームが身に付けやすいです。


投げる時に後ろへ下がりながらのキャッチボール

後ろへ下がりながら投げることによって、自然とヒジをあげて投げることができます。

  1. 左足を引く
  2. 右足を引きながら投球動作
  3. 左足を下げて投げる

キャッチボール

一般的なキャッチボールです。

キャッチボールは、上半身と下半身を使い捕球と送球の練習が行えます。

ノックに入る前のウォーミングアップにもなります。

右投げの場合には、右足を相手に対して直角に出し、投げる直前の左足のつま先は相手の方向へ出して投げます。

キャッチボールは近い距離からだんだんと離れながら行う様にします。

サイドスローやスナップスローもキャッチボールの中で取り入れましょう。


トレーニンググラブって?

トレーニンググラブは一般的なグラブよりも小さいグラブになります。

  • てのひらでボールを捕る感覚が身に付く
  • ボールをしっかりと見る習慣がつく
  • きちんとした捕球感覚が身に付く
  • 球際に強くなる
  • 当て捕りを覚えられる

などのメリットがあります。
※ 当て捕り・・・つかむのでなくグラブに当てる感覚で送球を素早くする技術

トレーニングボール(楽天ベースマン)

トレーニンググラブ(楽天ベースマン)


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. バッティングフォーム
    バッティングフォームの基本から応用まで!
  2. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  3. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  4. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  5. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン