一塁ランナー

一塁ランナーの役割「バッテリーにプレッシャーを与え打者を助ける!」

ヒットや四死球で一塁へ出塁し「一塁ランナーになった場合」にはどういった役割やポイントがあるのでしょうか?

まずは、ベンチから次に何を仕掛けるのかのサインを確認します。

  • 送りバント?
  • ヒットエンドラン?
  • 盗塁?
  • 打者にヒッティングのサイン?

などのサイン確認ですね。

サインの確認は、どの塁のランナーになった時でも同様に行う事になります。

その他にも、複数ランナーがいる時なども色々なサインが出るでしょう。

  • ランナー一塁三塁での二塁への盗塁の仕掛け
  • スクイズ
  • 右方向への打球

など、自分自身だけでなく他のランナーとの関係性も重要になります。

まずは、全ランナーに共通している技術が「リードオフ」になります。

一塁ランナーのリードオフ・リードの種類・バッテリーへのプレッシャーの詳細については、下記記事よりお読み頂けます。


一塁ランナーの役割は?

一次リードの幅の基本は「横に手を広げた幅から + 2歩分」

  1. リードの際にはクロスステップで足を運びます
  2. ピッチャーを見ながらベースを離れます
  3. 二塁方向へ背を向けながら「横に手を広げた幅から + 2歩分」進みます
  4. 最後にベースとの距離を微調整

というのが基本です。

「横に手を広げた幅から + 2歩分」と記載していますが、簡単に言えば「3歩程度」になります(笑)

一塁ランナーの役割

まずは、全力疾走でダブルプレー(ゲッツー)という最悪な状態は阻止したいです。

そして、エンドランや長打の時には三塁・ホームへの生還と、一つでも次の塁を狙っていきます。

左投手の牽制について

最近では増えて来ましたが、やっぱり一塁ランナーにとって、違和感がありリードが難しいのが左投手ではないでしょうか?

右投手と違い、左投手への注意点はどういった部分なのでしょうか?

左ピッチャーは体が一塁側へ向いているために、牽制が来るのか?打者へ投球するのか?という動きがギリギリまで分かりにくいです。

右ピッチャーは素早い回転で牽制するので、一般的には「左ピッチャーの方が牽制がゆっくりした動作」だと言われています。

また、左ピッチャーにはランナーが丸見えなのでプレッシャーも与えやすいです。

そのために「左ピッチャーでは右ピッチャーよりもリードオフの幅を大きく取る」と言われます。

ただし、牽制が上手な左ピッチャーでリードオフを大きくするのはリスクが伴います。

牽制がうまくない左ピッチャーではリードオフを大きくして、上手な場合にはリードは大きくしないことです。

☑ 楽天#45 川井貴志の牽制



関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. バッティングフォーム
    バッティングフォームの基本から応用まで!
  2. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  3. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  4. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  5. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン