ダブルスチール

野球の守備でのダブルスチールの対策について

ダブルスチールへの対策方法

ランナーが1塁2塁のダブルスチールでは、キャッチャーはそのままサードを刺すためにスローイングを行います。

やや複雑なプレーが必要になるのは、アウトカンウトは関係なく「ランナー1塁3塁」のケースです。

この場合にはいくつかの対応方法があります。


ランナー1塁3塁の守備

ランナー1塁3塁でキャッチャーがセカンドベースへ送球すれば、サードランナーがホームへ帰って来ますのでそんなプレーは行いません。

① セカンドが途中で捕球してすぐにバックホームに投げてランナーを刺す

② ショートが途中で捕球してすぐにバックホームに投げてランナーを刺す

③ ピッチャーが途中で捕球してすぐにバックホームに投げてランナーを刺す

④ サードへ投げるかサードランナーをけん制しつつ投げない

といくつかの対応方法があります。

ダブルスチール


どのポジションに投げる(カットに入る)かはチームでの決まり事にしておきます

  1. セカンドカット
  2. ショートカット
  3. ピッチャーカット
  4. 三塁へスローイング・もしくは投げない

という選択肢があり、1~3はサードランナーをホームでアウトにしたい場合に行います。

① セカンドカット / 1塁ランナーがスタートと同時にセカンドはセカンドベースとピッチャーの間にカットに入ります

② ショートカット / セカンドと同じ様な動きをするか、前進して前へ詰めてカットします

③ ピッチャーカット / キャッチャーはピッチャーがややジャンプして捕れる高さへ投げます

④ キャッチャーが三塁へ投げる場合 / 走者へボールが当たらない様に投げます

キャッチャーが一度、三塁へ牽制して二塁走者を刺すという方法もあります。

この時、二塁走者は挟まれて三塁ランナーがホームへ帰るために時間稼ぎをします(ランダウンプレー)

ですので、二塁で刺せるケースになります。

ただし、三塁ランナーの状況によりますので難しいプレーになります。

ちなみに、チームの決め事にしていた方がミスが少ないのですが、ランナー一塁三塁になった場合に、どうするのか?ということをキャッチャーがサインで内野手へ伝える方法もあります。プロ野球がこのやり方になります。

☑ ランナー1塁3塁でのダブルスチールの動画
完全にピッチャーのミスですね(笑)


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  2. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  3. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  4. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」
  5. 甲子園に出場する方法
    甲子園に出場する方法「人生最高の思い出や折れない気持ちの育成」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン