野球中継

野球の中継プレーでは外野手とカットマンはホームベースから一直線に並ぶのが基本

外野手と内野手の連係「中継プレー」

外野の間や頭を超えた打球は中継プレー(カットプレー)が必要になります。

中継プレーは、主にサードで刺すプレーとホームで刺すプレーになってきます。

基本的には、カットに入る内野手は、外野手からホームベースの直線上に入らなければいけません。

これには2つの理由があります。

  • 最短でボールが届く
  • カットマンへの送球がそれても、その先にキャッチャーがいるので後逸しない

という理由です。


レフトからの中継プレー

レフトへの深い打球では、レフト・ショート・サード・キャッチャーという中継になります。

この様に並びますが、ランナーがたまっていて、ホームに間に合う場合・サードの方が間に合う場合には、その状況に応じて動く様にします。

この時に内野手は半身になって待ちます。

キャッチャーが一番状況を把握できるために、中継プレーではどの塁で刺すのかしっかりとキャッチャーが指示を出す様にします。

 

野球中継プレー


センターからの中継プレー

センター・セカンド・ファースト・キャッチャーで一直線になります。

バックホームでは、ピッチャーはホームベースカバーに入るのが鉄則になります。

外野中継


ライトからの中継プレー

ライト・セカンド・ファースト・キャッチャーで直線上に入ります。

この時に、ライト⇒セカンド⇒キャッチャーという連携でファーストを抜かすのは構いません。

ファーストは、送球やキャッチャーの捕球の邪魔にならない様に避ける様にします。

外野中継プレー


外野前のヒットやタッチアップのバックホーム

高校生ならば、ダイレクトにバックホームをしますが、体が出来上がっていない小学生(場合によっては中学生)では内野手がカットに入ります。

この時に、カットが必要なのか?不要なのか?はキャッチャーが指示をします。

キャッチャーから「カット!」と声がかかればサードがカットをします。

キャッチャーが「ノー!」などと指示を出せばサードはボールに触れません。

もちろんですが、この時の指示は素早く出さなければサードは捕って良いのか?悪いのか?の判断が出来ませんのでキャッチャーはなるべく早い判断を行います。

野球カットプレー

あくまでも基本的な例ですので、打球の行方・ランナーが何人いるのか?どこで刺すのか?などで複雑なプレーも出てきます。

また、チーム内での決まり事がある場合には、その決まり事を守る様にします。

☑ ライト⇒セカンド⇒ファースト(ノーカット)⇒キャッチャーへのバックホームの中継プレー


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. バッティングフォーム
    バッティングフォームの基本から応用まで!
  2. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  3. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  4. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  5. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン