センター守備

センター守備のポイントや技術向上の練習方法

野球のセンター守備は外野手の中心!

センターは外野の中心でもあり、野手の中で一番守備範囲が広いポジションになります。

  • 打球の行方を瞬時に判断する能力
  • 初動や足の速さ
  • 肩の強さ
  • バックホームのコントロール
  • ポジショニング

など様々な能力とセンスが求められるポジションになります。

打者や状況に応じてポジショニングを変更しますが、センターの位置では、バッテリーとバッターが見れる位置です。

ピッチャーとバッターが被らない様に守る様にしましょう。

また、守備範囲が広く、球場のバックスクリーンは一番奥行があります。

目切り背走もしっかりと身に付けたい技術になります。


バックホームでランナーを刺すのも重要な役割「センターのフトントステップ」

ランナーが三塁にいる際に、二遊間の抜けたゴロや、センター前ヒットを捕ってバックホームで刺すのも重要や役割になります。

ランナー二塁の時も、サードでしっかりと刺せる確率を上げたいポジションになります。

センターのフトントステップについて解説します。

フトントステップには2通りあり、右利きの場合には捕球をする時に「左足を前」にする方法と「右足を前」にする方法があります。

  • 左足を前にする方法では、捕球はしやすいがステップが多くなります
  • 右足を前にする方法では、捕球が少し難しくなりますが、捕球から送球までのステップが少なくなります

肩の強さに自信がない場合には、助走距離を長目にすために「左足を前」にします。

ただ、現在の主流は「右足を前」にするフロントステップになります。

センターは、レフトやライトの守備の特徴も知って、外野の全ポジションが守れると重宝されますよ。


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. バッティングフォーム
    バッティングフォームの基本から応用まで!
  2. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  3. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  4. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  5. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン