キャッチャーフィールディング

キャッチャーの守備「フィールディング編 / フライ・バント処理・ベースカバー」

キャッチャー守備のフィールディング編です。

キャッチャーフライの捕り方、バント処理の方法、キャッチャーの一塁のベースカバーを説明します!


キャッチャーフライの捕り方

まず打球が上へあがったら、右手の親指でマスクのアゴの部分を弾いて外します。

マスクは瞬時に取らないと、打球を確認するのに時間がかかり余裕を持って落下点へ入ることが出来ません。

打球を確認したら、グラウンド側を背にして落下点へ入ります(ピッチャー側が背中)

その理由は、真上へあがる打球には「バック回転(バックスピン)」がかかって、ピッチャー側へ押し戻される特性があるからです。

キャッチャーフライ

この様に打球が一番高くあがった場所よりも、最終的な落下点はピッチャー側へ押し戻されます。

落下地点への入り方は、打球よりもピッチャー側に入る様にして調整します。

ボールはミットをあげて顔の前で捕る様にして、ボールが流れたりすれば下に構えて捕球できる様に対応しましょう。

また、風の影響もあるので試合前にはキャッチャーフライのノックを一度受けておきたいです。


キャッチャーのバント処理の方法

キャッチャーのバント処理には2種類あります。

  1. 素手でボールを捕りに行く方法
  2. ミットを添えてボールを捕りにいく方法

の2つです。

1の素手で捕りに行くメリットは素早い送球が出来ることです。

デメリットはボールを握りそこなう可能性が否めないことです(ジャッグルのリスク)

2のミットを添えるのが基本とされています。

しっかりとボールを握ることができますが、素手よりもスローイングは遅れます。

その他のメリットはバランスが捕りやすいので送球が安定することです。

  • ジャッグル ・・・ ボールを掴み損ねたりお手玉をすること
  • ファンブル ・・・ ボールを弾いたり地面に落とすこと

キャッチャーの一塁ベースカバーの入り方

キャッチャーだけでなく、全てのベースカバーや中継も同じですが「一直線上」に入らなければ、ボールが逸れた際にカバーの意味がなくなります。

キャッチャーのベースカバーは下記の通りになります。

サード・ショート・セカンドの順にベースカバーまでの距離が長くなります。

キャッチャーベースカバー


☑ プロ野球の歴代捕手ベスト10

  • 槙原寛己(元巨人投手)
  • 森高夕次(グラゼニ原作者)
  • 西朝美(女子野球日本代表捕手)
  • 松尾陽介(お笑い芸人ザブングル)

4人が捕手ベスト10を決めます!里崎はランクインするのでしょうか(笑)?


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  2. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  3. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  4. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」
  5. 甲子園に出場する方法
    甲子園に出場する方法「人生最高の思い出や折れない気持ちの育成」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン