キャッチャーワンバウンド

キャッチャーの守備「ワンバウンドの捕り方 / ブロッキング編」

キャッチャーの必須技術の一つが「ブロッキング」ですね。

キャッチャーのブロッキングとはワンバウンドの処理になります。

今回の野球守備のキャッチャー編は、ブロッキングの「姿勢・右手の使い方・横へ逸れたボールの処理」になります。


動画でブロッキングを解説!

ブロッキングの参考になる動画がありましたのでご紹介します。

川本良平(ヤクルト⇒ロッテ⇒ロッテ)のキャッチャーのワンバンド処理の動画です。


ワンバウンド処理の基本

☑ 素早く両ヒザを降ろし(付いて)対応します

この時に右手はミットの後ろへ回します。

もし間に合わない場合には「パー」にして手のひらを広げます。

そうすることにより「突き指防止」になります。

キャッチャーブロッキング


ブロッキングの姿勢

体を「くの字」で前傾姿勢にします

下記の画像にもある様に、捕れなくて弾いた場合に「ボールが他所へ飛んで行くことを防ぐ」ためです。

ただし「ブロッキングの原則は止めるでなく捕ること」になります。

その理由は、現在の野球では走塁が積極的な選手が多いからです。

ワンバウンドでキャッチャーが両ヒザを付けば、その隙に盗塁を敢行してくる様な足自慢のランナーもいます。

ランナー三塁の場面では、体のどこに当ててでも止めるという姿勢が必要で、キャッチャーの適性としてはボールを怖がらない事になります。

キャッチャーブロッキング


横に逸れたボールのブロッキング

体を傾けてボールをコントロールする

今度は「右や左にそれたボールのワンバウンド処理」です。

このケースで体を真っ直ぐに向けるとボールが外側へ跳ねるケースが多いです。

キャッチャーブロッキング

ですので、体をホームベース側へ傾けてボールが散らない様にするのが基本です。

目安として体の傾きは45℃ほどになります。

また、違う言い方をすれば「体を傾けるというよりも肩を入れる」というイメージでしょうか。

右打者のアウトコースの方へ逸れたボールは、右肩を入れてホームベースの方へ体を傾けるというイメージです。

キャッチャーブロッキング

もちろん、大きく逸れたボールは体が反応できません。

その様な時にはミットだけで捕りに行く必要があります。


ブロッキングの練習方法

ブロッキングの練習は、比較的近い距離からボールをワンバンウドで投げてもらい、それを捕る練習が一般的になります。

ですが普段の投球練習の時からブロッキングを練習すれば、活きたボールで練習が出来るんですね。

キャッチャー守備の上達DVDならば、下記の記事も併せて読んで下さいね ^^ /


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. バッティングフォーム
    バッティングフォームの基本から応用まで!
  2. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  3. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  4. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  5. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン