キャッチャーリード

キャッチャーのリード「状況に応じた配球」バント・併殺・右打ち・ピンチ編Vol.5

キャッチャーのリードや配球編も最後の5回目になりました。

今回の捕手のリードは ・・・

  • 送りバントでの配球や考え方
  • 併殺打(ゲッツー)を狙う組み立て
  • 逆方向(右打ち)を意識しているバッターへの対応
  • ピンチの時のリードはどうするのか?

という状況に応じたキャッチャーのリードになります ^^ /


簡単に送りバントをさせないリード

ノーアウトランナー一塁の場面で、相手が送りバントを仕掛けてくるとします。

簡単に送りバントをさせるよりも「バント失敗でワンナウトを稼ぐ」方がバッテリーは楽になります。

一番バントの失敗が多いのが、高目のストレートになります。

それは、内野への小フライが上がりやすくなるからです。

また守備のフォーメーションとしては、サード・ファーストを前進守備にして前にチャージをかけることです。

そうすれば、バッターはより転がす場所も狙っていく必要があるので、バントをするのにもプレッシャーがかかってしまいます。


併殺打(ゲッツー)を打たせたい時の配球は?

ノーアウトやワンナウトのランナー一塁などの状況で、バッテリーが一番欲しい結果が「ゲッツー」になります。

ゴロを打たせる基本は「低目」です。

その日のピッチャーのボールで、どのボールで内野ゴロが打たせられるのか(ゴロでアウトに取ったのか?)を考えて配球を考えましょう。

勝負球には低目の変化球を使いたい場面ですね。


右打ちを狙っている右バッターへの対応

できれば、インサイドで配球を組み立ててバッターの裏をかきたい場面です。

しかし、あまり神経質になって自滅四球は避けたいところです。

ゲーム状況を考えて、しっかりとワンナウトを取れるならば右へ打たせても問題がない状況もあります。


ピンチの場面でのリードや配球は?

ピンチでは失点のリスクと隣同士です。

ですので、安易にストライクを取りにいかないことが大事です。

簡単ストライクを稼ぎにいった甘いボールは、長打につながる怖さがあります。

配球には ・・・

  • カウントを稼ぐ球
  • 誘い球(見せ球・つり球)
  • 勝負球

があります。しかし・・・

ピンチの場面では、カウント球は使わずに「勝負球と誘い球」で配球を組み立てる様にしましょう。

気を付ける点は、厳しく攻め過ぎての四球です。

一塁が空いていたり、強打者や調子が良い打者など「歩かせても良い場面」ならば、厳しくて大丈夫ですが中途半端なボールはいけません。

歩かせたくない場面では、四球の事も考えながらリードをしていきます。

1点を抑えにいったのに、四球やそれが原因で甘いコースへ投げて連続安打で一気に大量失点するケースもあります。

点差に余裕があれば、まずは一つのアウトを取るという選択肢もあります。

もっと配球に詳しくなりたい!その様な場合には ・・・

>>> 配球の教科書

☑ 対戦したことがないバッターを打ち取るには?


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  2. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  3. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  4. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」
  5. 甲子園に出場する方法
    甲子園に出場する方法「人生最高の思い出や折れない気持ちの育成」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン