キャッチャーリード

キャッチャーのリード「配球のセオリーとインサイドワークVol.4」

キャッチャーのリード編も4回目になりました。

今回のリードと配球編は ・・・

  • 配球のセオリー
  • 初球の入り方
  • インサイドワークの考え方

など、今までのリードや配球の補足的な説明になります。


配球のセオリー

配球には一般的に「セオリー」と呼ばれるものがあります。

小学生~中学生などは当てはまるケースが多々ありますが、高校生以上ならあくまでも参考として知っておくのがセオリーになります。

なぜ、小学生や中学生に良いかと言えば、ピッチャーの球種が少ないからです。

  • ストレートとチャンジアップのみ
  • ストレートとカーブのみ

と変化球の種類が限られてくるからです。

配球のセオリーで言われている内容は次の通りになります。

  • 初球はストレートが多い
  • 初球ストレートならば2球目は外角への変化球がカウント球
  • 配球に困った時にはアウトロー
  • 配球は対角線を使え

という事です。

中学生までならば、結構あてはまりますよね。


初球の入り方は?

初球でストライクが取れるかどうか?で、その後の配球も変わってきます。

もちろんバッテリー有利にしたいので、初球はカウント球でストライクが欲しいです。

状況に応じてスクイズ警戒、得点圏へランナーがいるので初球の入り方に注意するケースなどがあります。

スクイズを警戒する場面では外したり、初球の入り方に注意したい場面は「初球から勝負球を使う」こともあります。

プロレベルでは色々な球種もありますが、アマチュアレベルならば初球はその日の「ピッチャーがストライクが取れる球」を使っていきたいところです。

もちろん、前の打席を考慮して打者の得意コースや傾向が分かればそれも考慮します。

初球の入り方がマンネリ化すれば初球を狙われてしまいます。

打者の一巡目、二巡目では初球の入り方は変えていくと良いです。


インサイド(内角)の使い方

インコースをうまく使うのも大切です。

外角一辺倒ならば狙い打ちされてしまいます。

しかし、インサイドには怖さがあります。

甘目に入れば長打になるかもしれない。という事ですね。

また、甘目に入ってはいけないし、打者にぶつけてもいけないので、球威やコントロールに苦労する投手もいます。

ですので、インサイドワークが難しいと言われるんですね。

これという正解はありませんし、その日のピッチャーの様子でもインサイドワークは変わってきます。

試合中に、その日のピッチャーの調子やボールが通用するのか?試していくのもキャッチャーの役割です。

試したいボールやコースは、リスクが少ない場面で試しましょう。

例えば、序盤の2アウトランナーなしの場面などですね。

キャッチャーのインサイドワークや配球にもっと詳しくなりたいなら ・・・

>>> 配球の教科書


☑ 松井秀喜を工藤公康はどう抑えるのか?

左投手vs左打者の駆け引きになっていて面白い内容ですよ ^^ /


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. バッティングフォーム
    バッティングフォームの基本から応用まで!
  2. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  3. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  4. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  5. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン