キャッチャーリード

キャッチャーのリード「配球を考える!カウント球・つり球・勝負球Vol.3」

キャッチャーのリードの第3回目は「配球編」になります。

バッテリーが打者を攻める時には、どんな意図のボールを使うのかが重要です。

こういう結果を求めたいから「こんなコースや球種で配球を組み立てる」という事ですね。

行き当たりばったりの適当な配球でなく、考えて意図した配球です。

一見、難しく思えますが「逆算した配球」を考えることが重要です。

逆算のリードと配球をするには、その前に「配球の基本」をおさえておきましょう。


配球の基本は中から外への組み立て

ランナーやバッターの力量などの状況でも変わりますが、基本の配球は「中心から外側」になります。

その理由は「バッテリー有利」にしたいからです。

バッターは「0ボール2ストライク・1ボール2ストライク」に追い込まれれば打率が落ちます。

それは、バッテリーに有利なカウントになれば、バッターは厳しいボールにも手を出さないと三振になる可能性が高いからです。

その逆にバッティングカウントと言われる「2ボール1ストライク」ではバッターが有利になります。

次の球がボールになれば「3B-1S」で四球の可能性が出てきます。

ですので、バッティングカウントでは、バッテリーはストライクが欲しいので甘いコースに入ってくる事が多いです。積極的にストライクを取りに来る場面ですね。

キャッチャーとしては、バッテリー有利に攻めたいので「ストライクを先行させる」必要があります。

最初から厳しいコースばかり攻めればボール先行になる可能性が高くなります。

ストライクを先行させたいので「配球は中から外」が基本なんですね。

中から外というのは、インコースからアウトコースと言う意味ではなく、中心部から外側ということです。

配球


カウント球・つり球・勝負球について

配球を考える時には、この3つのボールの役割が重要です。

  • カウント球 / ストライクを取る球
  • つり球 / 誘い球や意識させる球
  • 勝負球 / 空振りや凡打を取る球

になります。

カウント球が厳しくなれば、ストライクが取りにくいので厳しいコースは選択しません。

相手が内角が好きならアウトロー付近へのストレートですね。

つり球(誘い球)の役割は、ボールになっても振ってくれたらOKの球です。

意識球はつり球と兼ねている事もありますが、区別をすれば勝負球がより活きる直前の見せ球です。

例えば、勝負球にインハイのストレートを選択するなら、その直前に外のボールへ逃げて行く緩いカーブを見せるなどですね。

この一球を挟むことにより、次の球はより打者のタイミングを外す手助けになります。

配球には、緩急・高低差・対角などもうまく使います。

もちろん、この「緩急・高低差・対角」は見せ球だけでなく、配球の中でもきちんと取り入れて考えていきましょう。

特に球種が少ないピッチャーは、カウント球と勝負球しかない場合もあります。

その様な時には、特に「緩急・高低差・対角」は意識したいですね。


結果を考えた逆算のリード

逆算のリードというのは「決め球」いわば勝負球を決めることから始まります。

三振を取りたい、内野ゴロに仕留めたいと考えた時に「どのコースに?どんな球種を?」投げるかを考えます。

今までお伝えした「中から外 / 三種類のボールの使い分け / ピッチャーの持ち球 / 状況」で配球を逆算してリードをしていきましょう。

リードや配球は「ピッチャーのタイプ・状況・対戦バッター」で色々なケースが考えられます。

野球のリードは「結果論」だ!とも言われがちです。

しかしキャッチャーは、リードや配球にはきちんとした「意図」を持ってサインを出したいものですよね。


根拠のある意図した配球を知りたい!

その様な場合には ・・・

>>> 配球の教科書

☑ 古田敦也を抑えるとしたらどんな配球で攻める?


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. バッティングフォーム
    バッティングフォームの基本から応用まで!
  2. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  3. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  4. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  5. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン