キャッチボール投げ方

キャッチボールの投げ方や指導のポイントと強い送球を自然と見に付ける方法

今回の野球守備練習の記事は ・・・

  • キャッチボールの投げ方と注意点
  • 自然と強いボールが投げられる様になる様な練習方法

の2点になります。

上記の画像は女性がボールを投げている様子ですが、ボールを持った腕の肘が下がり「女の子投げ」になっていますね(笑)

まずは、ボールの正しい握り方からボールを投げるまでの解説です。

分かりやすい様に動画で説明していきます。


キャッチボール投げる編

ボールの握り方

右利きの場合には、ボールの縫い目が丸くなっている方を右側にして、中指と人差し指をかけます。

中指と人差し指の間の感覚幅は、小指1本の幅くらいです。

野球ボールの握り方

親指は、曲げたり・親指の腹ではなく親指の横側(サイド)で握ります。

左の画像の握り方ですね。

ボールをリリース(離す瞬間)時には中指と人差し指で回転をかけながら押し出す様にリリースしますので、ボールを握る時には親指がボールに当たる面積を小さくするために親指の横側で握るんですね。

野球ボールの握り方

下半身の使い方

まずは、右足を左足より前に出して相手に対して水平に出します。

野球ボールの投げ方

左足をしっかりと上げることにより「手投げ」になりにくいです。

半身に構えるのと同時にグラブの中に握っていたボールを合わせ入れます。

半身になるポイントはしっかりと横を向くことです。

野球ボールの投げ方

ポイントは左足を真っ直ぐ相手に出す事です。

また投げ出す際にはグラブを相手の方へ出す様にします。これで体のバランスを取ります。

グラブの出し方は肩よりやや高目に出します。

肩と水平に出す指導方法でも間違いではありませんが、やや肩より高く出す事によりボールに威力が増します。

野球ボールの投げ方

投げる際には、肘が下がり過ぎない様に、また極端にサイドスローにならない様にしましょう。

野球ボールの投げ方

最後は、右足の太ももを左足の太ももに付ける様にします。

私が小学生の時には「金玉を締める様に(笑)」と言われました(笑)

野球ボールの投げ方


自然と強いボールが投げられる様になる様な守備練習方法

通常の様に、キャッチボールやファーストへの送球ではなく「近い場所に目印を置いて」そこへ投げさせます。

少し砂か水を入れたペットボトルなどを地面に置くと良いでしょう。

近くに力を入れてボールを投げる練習は、自然と半身になり投げる腕が上がりますので、力強いボールを投げることが出来る様になります。



プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  2. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  3. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  4. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」
  5. 甲子園に出場する方法
    甲子園に出場する方法「人生最高の思い出や折れない気持ちの育成」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン