バッティングポイント

バッティングの打撃ポイント「バットはレベルスイングで」

バッティングの基本となる「内角・真ん中・外角」のボールを打つポイントになります。

少年野球や野球を始めたばかりの頃は、どのコースのボールも同じ様なタイミングで打ちにいっていませんか?

今回はそんな「ミートポイント」についてのご紹介になります。

基本的な技術内容ですので、経験者や今よりもバッティング技術を向上させたい場合には、記事最後のバッティング上達DVDを見てみて下さいね。

☑ バッティングのミートポイントについての動画


コース別のミートポイント

まずは内角打ちです。

内角では差しこまれない様にミートポイントは前になります。

ミートポイント

真ん中のコースは内角と外角の間がミートポイントになります。

ミートポイント

外角のボールはミートポイントが一番遅くなります。

ボールを引きつけないとタイミングが合わずにバットが届きません。

ミートポイント

これが一般的なミートポイントになります。

ミートポイント


スイングはレベルスイングで!

バットスイングの基本はダウンでもなくアッパーでもなく水平に振る「レベルスイング」を行うことが大切です。

レベルスイングでバットを振れば、インコースに差しこまれてもボールに当てやすくなり空振りを防げます。

ボールをダウンスイングやアッパースイングで打ちにいくと「点と点」で捉えないといけないので難しいです。

レベルスイングならば「線と線」でつながるのでバットにボールが当たりやすいんですね。

ですが、少年野球などでは「バットは上から叩き付けろ!」などの指導をする人もいます。

この理由は何故なのでしょうか?


バットは上から叩きつけろ!とダウンスイングで指導される理由は!?

少年野球では、まだ体が出来上がってなく力もなくバットが重いです。

そうすれば、バットヘッドの重さや遠心力にまけて ・・・

  • バットを最短で前に出せない
  • 後ろが大きくなる
  • バットヘッドが下がる
  • 振り遅れる

となるために、少年野球の指導者の中でバットは上から叩き付けろ!という指導をする人もいます。

子どもなので分かりやすい例えかもしれませんが、現代野球で指導する際には、別の言い方の方が誤解を生まなくて良いと思います。


アッパースイングについて

アッパースイングという表現が正しいのか「縦振り」という表現が正しいのかは分かりませんが、今度はアッパースイングについてです。

低目のボールは打つ際に自然とアッパーになります。

またホームラン打者では「体の軸とスイング角度が垂直の90度」になるために打球がより遠くに飛びます。

ミートポイント

バッティングが難しいのは、横のコースだけでなく高低差や緩急もあるからなんですね。

もっと打撃が上達したい!

その様な場合には下記記事のバッティング上達DVDも確認して下さいね!


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  2. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  3. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  4. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」
  5. 甲子園に出場する方法
    甲子園に出場する方法「人生最高の思い出や折れない気持ちの育成」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン