バッティングフォーム基本

バッティングフォームの基本「構え・腕の使い方・腰と体重移動」

バッティングフォームは人によって様々です。

体格・筋力・可動域・柔軟性・クセ・理論・何を重視するのか?など一人一人が違うからです。

しかし、そんな色々なバッティングフォームでも基本的なことは押さえておきたいですよね。

古田敦也のバッティングフォームの基本


トップをはやく作る

バットを振り出す位置(テイクバック)の位置まではやくバットを持ってくる事が「トップを作る」という意味になります。

現代野球では、タイミングを外すボールが多くなり変化球も多種多様になりました。

そういったボールに対応しやすい様に、構えの段階からバットの位置はトップに近い位置が推奨されます。

バッティングフォーム基本


バッティングの構え方

バッティングフォームは背筋を伸ばすよりも「腰を意識」します。

バッティング基本

腰を前にグッと入れて、お尻は後ろへ突き出すイメージで構えます。

バッティング

腰を前に入れ、お尻は下方へのイメージです。

バッティングフォーム

背筋(胸)を張り過ぎるとバットが出てこない、腕を巧く仕えなくなるなどの支障が出てきます。

リラックスして構えることですね!

バッティング


後ろの腕の使い方

昔は両ワキをしっかりと締めてバットを振りなさいと教えられましたね。

ワキが甘いんだ!と ・・・

現代のバッティングではどうなのでしょうか?

後ろのワキは閉めないで開けるようにします。

バッティングポイント

後ろワキが開いていればバットを振った時に加速してヘッドスピードが上がります。

バッティングポイント

後ろワキを閉めると背中が曲がりやすくなります。

バッティング

背中が曲がると軸も傾くので、アッパースイングになりやすいです。

バッティング

現代野球では、後ろワキを開いて構えるのが主流になっています。

バッティング


前の腕の使い方

古田理論では「前の腕を張る」です。

バッティングの際に前の腕を張ることにより飛距離が伸びます。

バッティング構え

プロでも前の腕は張るタイプと、張らないタイプの打者が存在します。

前の腕の肘を曲げる打ち方は ・・・

  • 肘を抜く打ち方
  • 腕をたたむ打ち方

とも言われます。

前の腕を張ってスイングする打者のイメージは「西武の中村剛也」です(個人的な見解)

バッティング肘 バッティング肘

前の腕を曲げて(肘を抜いて)スイングする打者のイメージは「巨人の坂本勇人」です(個人的な見解)


バッティングの腰の使い方

前の足の勢いで腰を回すのでなく、後ろ足・後ろの腰から押し出す様に体を回転させると強い打球が飛びます。

バッティング腰


バッティングの体重移動

後ろの足に体重移動をして、前足でステップした時も「後ろ6対4前」か「半分半分」くらいの割合で体重(重心)を後ろへ残します。

バッティング体重移動

意識的にはやや後ろよりの重心を保つイメージです。

バッティング体重移動

後ろに乗せた体重(重心)をそのまま前に移動すると体が前に突っ込んでしまいます。

ステップ・バット始動で体重が前に行くのを「戻すイメージ」でバットを振れば、体が突っ込まないでヘッドスピードがあがります。

ホームランバッターの方がより後ろへの重心が大きくなります。

バッティング

よく昔はバットは「上から叩き付けろ!」と言われていましたが、上からバットを出してダウンスイングになれば、ボールとバットとの接点が「線と線」でなく「点と点」になりボールを捉えるのが難しくなります。

ボールを線で捉えて一番力が込められるのが、水平にバットを振る「レベルスイング」になります。


☑ 代打で話題になった高校球児にライトセーバーを持たせてみたwww


関連記事


プロが教える野球の守備が上達するDVDランキング

  1. No.1川﨑宗則の世界に通用する野球守備上達DVD

    川﨑宗則のマスタープロジェクトDVD

  2. No.2プロコーチの実践経験がある清家政和のDVD

    清家政和の野球内野守備上達革命DVD

  3. No.3定詰雅彦の一流のキャッチャーになれるDVD

    野球キャッチャー練習育成上達プログラム


最新の記事

  1. バッティングフォーム
    バッティングフォームの基本から応用まで!
  2. 春山総星
    短時間の練習でもチームを強くする野球守備の練習方法「春山総星」
  3. ピッチング上達
    川口和久の右脳的ピッチング術
  4. ピッチング上達
    ピッチング上達「高橋尚成直伝テクニカルフィーチャDVD」
  5. 変化球
    変化球の握りや投げ方について「変化球バイブル」

カテゴリー

野球が100倍面白くなる楽天グラゼニ

野球専門店楽天ベースマン

ベースマン